パソコンを使っていて動作が遅くなってきたときに、メモリー解放して上げると効果があったりします。
散らかった机の上を片付けると、作業スペースが広がって効率が良くなるようなものですね。

今回はMac用の「Memory Clean」というフリーソフトを紹介します。



スクリーンショットを簡単に撮れて、そのまま加工もできるスグレもの。Monosnapというフリーのアプリを紹介します。

スクリーンショットは、Mac OS標準の機能でも問題ないんですけど、画像に手を加えようと思ったら画像アプリを立ち上げねばならない。
あと、3つのショートカットを覚えるのがめんどくさいし、覚えてもつい忘れがち。
そこでMonosnapの登場となります。



今日もまた
障害発生
したらしい
- FC2ブログ

管理画面にログインしようとしたら、あららまた。ますます心配になってきたぞ。



Internet Explorer(以下IEと略す)というブラウザがありますね。
これが今のところ東アジアでは一番普及しているブラウザなんですが、バージョンがいろいろあって、やっかいなのはバージョンごとにサイトの見え方が違ったり動かなかったりすること。



Mac OSも9のころまではアンインストールは簡単でした。アプリ本体を削除すれば、たいがいそれでOK。
中身がFreeBSD(UNIX)になったせいで、そうはいかなくなったのがOS X。あっちこっちにファイルがつくられちゃうので、手作業でひとつひとつファイルを削除しなければなりません。appファイルだけ削っておけば一見害はなさそうだけど、ディスクの容量もむだに食うのも気になる。簡単かつキレイにアプリを削除してくれるフリーソフトは必須。



前回ちょっと話題にした「Sauce」というMac OSのアプリですが、WindowsとIEだけではなく、様々なOSとブラウザを利用(エミュレート?)できるのスグレものです。



あっちのファイルこっちのファイルを開いているうちに画面がFinderのウィンドウで埋めつくされたり、フォルダ間でファイルをコピーする時にアプリの画面がジャマだからいったん引っ込めたり、もう使わないと思って閉じたフォルダをまた開かなくちゃいけなくなったり・・・27インチくらいの大画面ならともかく、Macbook AirやProを使っているとこういうイライラありますよね?



PAGETOP