昨年に引き続き「ポッキー大人の琥珀」の2016年版。
ビターな甘みと麦芽のエキスの独特な香りがマッチしていて、なるほどウイスキーのつまみにピッタリというのは看板に偽りなし。
販売はAmazon限定、かつ数量限定なので入手しづらいですが、まだ購入可能の模様(2016年12月10日時点、Amazonパントリーのみ)。
近々売り切れちゃうでしょうけど、来年も発売されることを切に願っております。

ウイスキーのための「ポッキー大人の琥珀 2016 」
http://blog.chovito.jp/oh-yaji/whisky/pocky-otona-no-kohaku/



薄くなったらイメージが悪いもの。
といえば、やはり頭髪でしょうね。渡辺謙さんやブルース・ウィルスのように薄くてもカッコいいという人たちは例外中の例外で、たいていは残念なことになってしまいます。
あと、人柄が薄っぺらいなんて言われたら、これもよろこべないですよね。

薄いことを自慢するのは、ノートパソコンとかタブレットがその代表格。
そう、ここから強引にiPad Air 2のハナシになります。



Amazonのクラウドストレージ「Amazon Cloud Drive」の料金は、以前はかなりお得だったんですが、容量と料金値下げが進んで行くうちに、ちょっと色あせた感があります。

本来、各サービスのプランが異なりますが、Amazonに併せて月額を年額に換算したりしながら、一プランずつ比較してみました。

Cloud Drive: 100GB = ¥4,000/年
Google Drive: 100GB = 約¥2,400/年(正確には月額$1.99)

Cloud Drive: 1000GB = ¥40,000/年
Dropbox: 約1000GB = ¥14,400/年 (正確には1TB = 月額¥1,200)

Cloud Drive: 50GB = ¥2,000/年
iCloud: 50GB = ¥10,000/年

こうしてみると、Amazonが勝っているのはAppleだけですね。
では、Cloud Driveのサービスの中身はというと・・・・



クラウドストレージとは、インターネット上のハードディスクを借りる、みたいな感じですかね。
オンラインストレージという言い方もあります。

詳しい解説はこちら。
クラウドストレージとは - IT用語辞典バイナリ

いろんなサービスがあって値段も手頃なものが多く、まさに百花繚乱。
とはいえ、何のためにそんなものを使うか、あらためて考えてみましょう。



といってもアマゾン川流域の部族内の伝統工芸家や鍛冶屋の話ではなく、ネットショップのAmazonがまたおもしろいことを始めたという話題です。
昨日、匠ストアというのがオープンしたんだとか。



PAGETOP