Apple Musicは3ヶ月間の無償期間を使い果たし、解約することにしちゃいました。
使い始めのころは、便利だなと思っていて、解約など思いもよらなかったのですが・・・



Apple Musicを使い始めおよそ1ヶ月。その感想です。

なんでも、Apple Musicの契約解除の仕方のページの閲覧数が急上昇中というウワサもちらほら。



Apple Musicに対応した最新のiTunes (Mac版)はどこで手に入れるのだ!
という記事を昨日書きましたが、AppStoreの「アップデート」に無事表示されるようになりましたね。

iTunes 122アップデート 1



Appleの月額制の音楽配信サービスが始まりました。

月額¥980で聴き放題なら特だ!(思い込み?)、Appleのサービスだから、iPhoneやMacをメインに使っている自分には便利に違いない(期待)という単純な理由でさっそく加入しました。
最初の3ヶ月は無料だそうです。

iPhoneで加入手続きをした後、さっそくMacで聴いてみようと思ったところ不思議な事が!



売れすぎiPhone6、なぜこんなに好調なのか? 
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150110-00057726-toyo-bus_all&p=1

という記事を読んでいたわかったのは、大きいディスプレイというのはやはり人気あるんですね。
ワタクシとしては、片手で操作できる今のサイズのままがいいんだけどなあ。

というわけで、次期iPhoneのウワサ、現行の4インチの新機種のウワサをまとめてみました。
iPhone6s、iPhone6c、iPhone6 miniなど、名前一つとってもバラバラでおもしろいですね。



2014年も終わり、早くも2015年がやってきます。
2015年はどんな年になるのか、様々な予想予測予言などを集めてみました。



Mac OSXの新しいバージョンが出ました。
猫科の名前シリーズは前々バージョンで終わり、猫好きとしては残念なところ。
いまは地名シリーズになり、Yosemiteはアメリカのカリフォルニア州にあるヨセミテ国立公園が由来。

ふだんはリリースされたばかりのOSに飛びつくことはないんですが、最近使う機会が減ってきたMacbook Airの2011 Midモデルを実験台にします。



薄くなったらイメージが悪いもの。
といえば、やはり頭髪でしょうね。渡辺謙さんやブルース・ウィルスのように薄くてもカッコいいという人たちは例外中の例外で、たいていは残念なことになってしまいます。
あと、人柄が薄っぺらいなんて言われたら、これもよろこべないですよね。

薄いことを自慢するのは、ノートパソコンとかタブレットがその代表格。
そう、ここから強引にiPad Air 2のハナシになります。



Amazonのクラウドストレージ「Amazon Cloud Drive」の料金は、以前はかなりお得だったんですが、容量と料金値下げが進んで行くうちに、ちょっと色あせた感があります。

本来、各サービスのプランが異なりますが、Amazonに併せて月額を年額に換算したりしながら、一プランずつ比較してみました。

Cloud Drive: 100GB = ¥4,000/年
Google Drive: 100GB = 約¥2,400/年(正確には月額$1.99)

Cloud Drive: 1000GB = ¥40,000/年
Dropbox: 約1000GB = ¥14,400/年 (正確には1TB = 月額¥1,200)

Cloud Drive: 50GB = ¥2,000/年
iCloud: 50GB = ¥10,000/年

こうしてみると、Amazonが勝っているのはAppleだけですね。
では、Cloud Driveのサービスの中身はというと・・・・



クラウドストレージとは、インターネット上のハードディスクを借りる、みたいな感じですかね。
オンラインストレージという言い方もあります。

詳しい解説はこちら。
クラウドストレージとは - IT用語辞典バイナリ

いろんなサービスがあって値段も手頃なものが多く、まさに百花繚乱。
とはいえ、何のためにそんなものを使うか、あらためて考えてみましょう。



PAGETOP