Amazonのクラウドストレージ「Amazon Cloud Drive」の料金は、以前はかなりお得だったんですが、容量と料金値下げが進んで行くうちに、ちょっと色あせた感があります。

本来、各サービスのプランが異なりますが、Amazonに併せて月額を年額に換算したりしながら、一プランずつ比較してみました。

Cloud Drive: 100GB = ¥4,000/年
Google Drive: 100GB = 約¥2,400/年(正確には月額$1.99)

Cloud Drive: 1000GB = ¥40,000/年
Dropbox: 約1000GB = ¥14,400/年 (正確には1TB = 月額¥1,200)

Cloud Drive: 50GB = ¥2,000/年
iCloud: 50GB = ¥10,000/年

こうしてみると、Amazonが勝っているのはAppleだけですね。
では、Cloud Driveのサービスの中身はというと・・・・



クラウドストレージとは、インターネット上のハードディスクを借りる、みたいな感じですかね。
オンラインストレージという言い方もあります。

詳しい解説はこちら。
クラウドストレージとは - IT用語辞典バイナリ

いろんなサービスがあって値段も手頃なものが多く、まさに百花繚乱。
とはいえ、何のためにそんなものを使うか、あらためて考えてみましょう。



出先で思いついたことをiPhoneでメモして、帰宅してからMacで編集する、時には仕事場で昼休みにPCで編集する。という必要が生じまして、多少紆余曲折がありましたがこのPlainTextというアプリに落ち着きました。ファイルの保存は、Dropboxが前提となりまする。



PAGETOP