YouTubeの動画をみたり曲を聴いたりするのに、iPhoneのYouTubeアプリを使っているとどうなるか?
ご存知の通り、通信量が増えちゃいますね。毎回動画や曲をダウンロードしているわけですから。
1ヶ月の通信量には2GBとか5GBとか制限があるので気をつけねばならない。

もちろん、自宅でWi-Fiが使えるような人や、カフェにあるような無料Wi-Fiスポットなら気になくていいんだけど、じゃあ電車の中で動画を見たり、歩きながら曲を聞きたいときはどうすればいいんだ?

YouTubeから動画や曲をダウンロードしておきましょう、というのが今回の記事です。



ネットで調べ物をしている時にページ内検索はとても便利です。
Googleさんオススメに従ってページを開き、でも、その中に指定したキーワードがすぐに見つからない。
そんなときにの話です。

PCのブラウザなら[Ctrl + F]とか「編集メニューから検索」ですが、iPhoneのブラウザ Safariではちょいと手順が違います。



ちょっとiPhone貸して、と言われて慌てたことはないでしょうか?
そう、昨夜みた、あんなこんなそんなサイトの履歴がブラウザ(Safari)に残っている・・・それを知られるのは非常にマズい!!
まして相手が奥さんだったり彼女だったりしたら揉めごと必至。ただの友人であったとしても、あとあと笑われそうである。

そんなことにならないよう、iPhoneやiPadのSafariで閲覧履歴を残さない方法を覚えておきましょう。

Safariにはプライベートという機能があり、プライベートに設定した状態でサイトを開くと、その履歴はいっさい残りませぬ。
手順は以下の通りです。



気になった曲をYouTubeでとりあえず聴いてみる、そんで気に入ったらiTunesで聴くためにダウンロードする、ということをよくやります。
iTunesで曲の一部しかお試しで聴けないんですけど、YouTubeだと(だれかがアップロードしてくれていれば)全部聴けるのでとても便利です。

ただ、iPhoneのYouTubeアプリでは他のアプリを使うと曲が止まってしまう(バックグラウンドでの再生ができない)。
メールを書いたりニュースを読みながらYouTubeの曲を聴けないないのがちょっと難点。

そこで、バックグラウンドでYouTubeの曲を聴く裏技をお教えします。



Safari(iPhoneのブラウザですね)で前のページに戻ったり次のページに進んだりするとき、画面の下の方にあるボタンを使ってます?

Safari 戻るボタン
↑ コレ

隅っこにあるもんだから、ちょっと使いにくいですよね。特にiPhone5や5sではディスプレイがより縦長になったせいで指が届きにくい。
もっと簡単にページを移動する方法を紹介します。



ワタクシはニュースサイトをブラウザでみているとき、気になる記事を片っ端から新規タブで開いておいて、あとからゆっくり読んでいくのが好きなのです。が、せっかちなのか時に勢い余ってまだ読んでいないページをを閉じてしまうことがあります。そういうときに限って、なんだか気になるニュースだったような・・・と後ろ髪引かれる思いになることがあったりします。
あるいは、冒頭の数行だけ読んでまあいいやとタブを閉じた後、網膜に気になるキーワードが焼き付いており、しまったもう一度そのページをみようと思い返すことも多々あります。
せっかちは損だなあ。



PAGETOP