通勤時、駅に着いたら次の行動をどうすべきかという大きな選択がありますよね?

駅についたらそのままホームに行くだけだ、とおっしゃる方は、通勤というものを知らないか、心がよほど大らかにできていらっしゃる。

電車が出るまでの時間があと何分、あるいは何十秒あるかによってトイレに寄るか、ホームの売店でガムを買うか、自動販売機で飲み物を買っておくか、はたまたICカード(スイカとか)のチャージをすべきか・・・一瞬で判断しなければならない時があります。

しかも歩きスマホは白い目で見られるご時世、自分に残された時間を瞬時に知らなければならない - そこで役に立つのが「通勤タイマー」。



ふだん雑誌を読まないワタクシにはありがたみがイマイチわかっていなんですが、人気雑誌の記事を閲覧できるというのは便利なんだと思います。
Yahoo!のサービスで「X BRAND」というのがそれです。

「ファッション」「グルメ」「プロダクト」「ビークル」「ビューティー」「トラベル」「ライフスタイル」「エンターテイメント」「ビジネス&マネー」「ボディケア」といったカテゴリに雑誌を横断して記事をみることもできるし、もちろん雑誌ごとに記事を眺めることもできます。



YouTubeとYahoo!映像トピックスから、下記の動画を紹介致します。

まるで透明人間? 背景と一体化する芸術家
危険すぎると話題のロシアの度胸試し
人はやはり見た目で判断する…3分映像



Yahoo! JAPANアプリ(以下、Yahoo!アプリ)をつかうことが多いです。
Yahoo!ニュースとYahoo!メールが主な用途ですが、知恵袋とかネタりかなんかもよく閲覧します。
路線検索や地図も使えるので、よくよく考えるとかなり便利ですね〜。

最近気づいたのが、iPhoneのメモリーをキレイにしてくれるという機能。おおっ。



みんなの知恵を借りて問題を解決する。
そういう場を提供してくれるのがYahoo!知恵袋というサービス。

ということは承知しているのですが・・・
笑い話の宝庫という間違った見方をしていることを、ここに反省致します。
ワタクシがいかに間違っているか、みなさまジャッジして下さい。



iPhoneアプリのYahoo!地図がiOS 7に対応しました。
地図のデザインがすっきりしたり、いろんな変化はあるんですが、最近のお気に入りは「距離計測」という機能。

A地点からB地点の2点間はもちろん、A-B-C地点のようにあ複数間の直線距離も測ってくれます。
移動ルートの距離ではなく、あくまで直線距離を測ってくれるのがミソです。



Googleマップで遊んでいたら、下記のような珍名は正しい場所を示してくれませんでした。

ヤリキレナイ川 - 北海道
ワルイ川 - 北海道
珍小島(ちんこじま)- 北海道
がっかり島 - 岩手県
巨根(おおね)橋 - 鳥取県
向津具(むかつく)半島 - 山口県

珍名でも、駅名や町名であれば、さすがに的確な場所を示してくれます。まあ、当然といえば当然かな。

Googleマップがとても便利なのはいまさら言うまでもありません。が、上記以外にも正しい場所を指してくれないことがあります。

川の場所です。



「Yahoo!の地図でもいいんじゃない?」という記事の中で、「まったく根拠のない先入観なんですが、Yahoo!の地図ってダサそう、なんて思っていたら」と、うかつにも書いたところ・・・



【 東横線改札口をさがせ! 】

地下に移転してから、乗り換えが面倒・わかりにくいと言われまくりの渋谷駅東横線。まったくもってその通りなんです。
で、Yahoo!地図とGoogle Mapsがこの迷宮もどきの乗り換えに対し、どれほどの力を発揮するかを試してみます。試しちゃいますよ。



前回、地図提供サービスとしてYahoo!も使えるじゃんということを書いたのですが、じゃあiPhoneとかスマホのアプリはどうなのかなと思った次第です。Androidは古いタブレットしか手元にないためiOS版での比較です。



PAGETOP