FC2ブログ
Amazonのクラウドストレージ「Amazon Cloud Drive」の料金は、以前はかなりお得だったんですが、容量と料金値下げが進んで行くうちに、ちょっと色あせた感があります。

本来、各サービスのプランが異なりますが、Amazonに併せて月額を年額に換算したりしながら、一プランずつ比較してみました。

Cloud Drive: 100GB = ¥4,000/年
Google Drive: 100GB = 約¥2,400/年(正確には月額$1.99)

Cloud Drive: 1000GB = ¥40,000/年
Dropbox: 約1000GB = ¥14,400/年 (正確には1TB = 月額¥1,200)

Cloud Drive: 50GB = ¥2,000/年
iCloud: 50GB = ¥10,000/年

こうしてみると、Amazonが勝っているのはAppleだけですね。
では、Cloud Driveのサービスの中身はというと・・・・



もっと頑張ってくれ〜、頼むから〜!
と言わざるを得ません。

理由1:
PCアプリのサービスが(たぶん)終わった。公式ページからは、新たにダウンロードはできないようです。
なぜPCアプリがないと困るかというと、PCとクラウド側の自動同期ができず面倒になります。
(既にインストール済みの人はセーフ)

理由2:
PCアプリがないなら自動同期はあきらめて、せめてWeb版を使ってバックアップだけでも取れればと思っても、このWeb版の機能が大問題。
フォルダごとのアップロードができないのは、いけません。

理由3:
信頼性に不安を感じるようになりました。
最近、日本語のファイルをアップロードすると文字化けするという現象があります。
文字化けしているファイル限定だと思うんですが、PC側で削除したのに何故か復活してたりします。


個人的には、Amazonさんの通販とかAWSというクラウドサービスは大好きなので、このCloud Driveにも頑張って頂きたい。頑張って下さいガンバレよなっ。


Amazon Cloud Drive
http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?docId=3077664656



関連記事

PAGETOP