FC2ブログ
iPhoneやiPadで、アプリごとのバッテリー使用率をみることができます。
普段自分がどういったアプリを使っているのかよくわかりので面白いですよ。

あくまでバッテリーの使用率なので、必ずしも使用時間とは一致しませんのでご注意。



「設定」画面から「一般」「使用状況」「バッテリーの使用状況」と選んでいくと下記の画面が現れます。
(「最後の充電完了後の経過時間」は画像から割愛)


iPhone バッテリー使用状況


ワタクシの場合、SmartNewsというニュース閲覧アプリが3分の1も占めていました。仕事の移動時間でヒマつぶしに使っているせいかな。
外を出歩いているときはだいたい音楽を聴いているので、これもまずまずの使用量。

インターネット共有は、出先でパソコンをインターネットに繋ぐためのデザリングなんですが、使った頻度に比べるとずいぶんバッテリーを使っていてビックリ。

4分の1がホーム画面の待機。ふーん、待機しているだけでもけっこうバッテリー食うんですねえ。

こうしてみると、自分の行動パターンだけでなく、バッテリーを消耗しやすいアプリなんかもわかりますね。

あと、この画面を人に見られると、この人こんなことばっかりやってるんだ、なんてのがバレちゃうので要注意。



関連記事

PAGETOP