なかなか巧妙な迷惑メールが来たのでご紹介します。
以前記事にしたこんなの(迷惑メール来ました1)とはレベルが違います。

Appleからのメールを偽装して、Apple IDをパスワードを入力させるのが狙いです。



これが実際にきたメール。

迷惑メール Apple 1

迷惑メールはヘンな日本語が多いのですぐわかりますが、英語だとやっかいですね。
実はURLは非常に怪しいのですが、iPhoneのブラウザでみるとURLの表示欄がせまく、後半の怪しい部分が見えないのです。

メールの内容は、あなたのアカウントを確認すっからこれをクリックせいや、てなことを言っております。
赤い矢印が差しているURLをクリックさせるのがねらいです。
クリックするとこういう画面が開きます↓

迷惑メール Apple 2

良くできた画面で、Appleのサイトにそっくりです。
ここにApple IDをパスワードを入れてサインインのボタンを押してはいけません。IDとパスワードを盗み取られちゃいます。

そしてもう一つ。実は、この画面を開いた時点で既にワナにはまっております。開いただけで迷惑メールが激増するという仕掛けです。
これは、ランダムで送ったメールから反応があれば(リンクがクリックされれば)、実際に存在するメールアドレスとして他のサイトに転売したりするんでしょうね、おそらく。

この記事を書くためにクリックした先の画像が欲しかっただけなんですが、当然ワタクシにもたくさんの迷惑メールが送られてくることになりました。
キャリアの迷惑メール設定をちょっと強めにしたら全部ブロックできるようになったのでよかったです。

下記は、FAQ(青い矢印の先のリンク)をクリックすると開く画面。
こっちは本物のAppleの(但しなぜかUKの)サイトです。用意周到ですね。FAQをクリックさせて本物のサイトを見せ、信用させようというねらいでね。

迷惑メール Apple 3


アカウントを確認しろとか、有効期限が切れたとか、そういるメールが来たときはいったん疑いましょう。
メールのリンクはクリックせず、ブラウザを開いてブックマークをつかうなり検索エンジンで該当するサイトのアカウントページに行くようにすれば、偽サイトに誘導されることはないので安心です。



関連記事

PAGETOP