バーテンダーさんがみんな女性。
と聞くとガールズバーを思い浮かべる人が多いでしょうが、新橋のCity's Barはそうではありません。
たんにバーテンダーさんが女性というだけの話です。
大人のバーとしてはかなりしっかりしており、しかも価格がもの凄くお手頃。

【新橋】大人のバー「City’s Bar」おっさん1人客に大人気の憩いの場
http://blog.chovito.jp/oh-yaji/bars/citys-bar/



世界大会で優勝したというバーテンダーさんが2人もいるバーは、横浜の関内駅のすぐ近く。伊勢佐木モールに接するように伸びている、吉田町バーズストリートの一角にあります。
1人で飲むにも、数人でじっくり飲むにも適した店です。

【関内】大人のバー「Bar Noble」は世界大会優勝バーテンダーが2人もいる店
http://blog.chovito.jp/oh-yaji/bars/bar-noble/



イタズラ小僧みたいな顔と行動っぷりだったんですが、女の子なのでたまにはこんな可愛い顔をすることもありました。

壁際の黒猫.



顔が脂ぎっているのに肌が乾燥するのは、男性のしかも中高年に限ったことなのでしょうか?
乾燥してヒリヒリするのは事実なので、やはり保湿液とか乳液のようなものが必要になりますよね。
いまは男性用化粧品も充実しているので助かります(昭和の頃はそんなものなかった気がする)。

脂ぎっても保湿が必要な40代に「ニベアメン エクストラモイスチャーバーム」
http://blog.chovito.jp/oh-yaji/useful/nivea-men-extra-moisture-balm/



顔の脂が気になる方には断然おすすめ。
脂をとった後でも手がべとつかないあぶらとり紙です。
フィルムタイプは脂も取れるけど手がべとべとになっちゃいますよね。
パウダー付きは手がべとつくことがまずありません。

手にあぶらがつかないパウダー付き「ギャツビー パウダーあぶらとり紙」
http://blog.chovito.jp/oh-yaji/useful/gatsby-powdered-oil-clear-paper/



小さなビルのエスカレーターを10Fでおります。すると、ドアは閉まっていてインターフォンがあります。これは入るのに躊躇します。
初めて行ったときは、ちょっと引いてしまいました。
しかし値段は良心的で、実は気軽に飲める店なんですけどね。
渋谷で隠れ家的なバーをキープしておきたい方にはオススメです。

【渋谷】大人のバー「BAR SHIBUYA KALLAS」が隠れ家っぽいのは
http://blog.chovito.jp/oh-yaji/bars/bar-shibuya-kallas/



PAGETOP